新潟の起業や会社設立を支援!助成金申請の手続もサポート致します。

新潟での株式会社設立、合同会社設立、各種助成金相談・申請代行を行っております。株式会社設立・助成金申請センターにお任せ下さい!

損害保険の活用

損害保険とは、一定の偶然の事故によって生じた損害をカバーする保険です。

特徴は「発生した損害額を補償する」という点です。例えば、生命保険は亡くなった場合にいくら支払う、という契約です。

 

しかし、損害保険は「火事で全焼したからいくら」ではなく、「火災で発生した実損額を支払う」という「実損払方式」が中心となっています。自然災害、ケガ、盗難、損害賠償責任など、リスクに応じて必要な損害保険も変わってきます。想定されるリスクに対して過不足のない保険を掛けることが大切です。

 

 

火災保険と地震保険

ここでは、自然災害での保険、火災保険、地震保険についてお話しします。

 

火災保険

火災保険は、火災や落雷などの災害による建物や家財の損害に備える保険で、建物と家財を分けて契約することになっています。建物は契約したけれど、家財は契約しなかったということがないように気をつけましょう。賃貸の場合は、家財のみ契約することになります。 高級な家財は、予め保険会社に確認を取ってもらわないと、保険金が支払われないこともありますので、注意しましょう。

 

火災保険の契約金額は、「再調達価額」と、「時価」をもとに設定する方法があります。

「再調達価額」で契約した場合、建て直しに必要な額が支払われます。「時価」で契約した場合は、契約金額を時価いっぱいに設定しておくことが基本となります。

保険金は契約金額が限度で支払われるので、

 

契約金額<時価

 

の場合、損害額どおりに支払われません。

逆に、

 

契約金額>時価

 

の場合、時価以上の保険料が無駄になります。

 

 

地震保険

地震保険は、「地震保険に関する法律」に基づき、政府と損害保険会社が共同で運営する公共性の高い保険です。しかし、単独では契約できず、火災保険にセットして契約します。地震保険の契約もまた、建物と家財のそれぞれで契約します。

 

保険料は、建物の構造と所在地により異なり、建物の免震・耐震性能に応じた割引制度があります。契約金額は、火災保険の契約金額の30%〜50%の範囲内で、建物は5,000万円、家財は1,000万円が契約の限度額になります。

 

災害はいつ起こるかわかりません。経済的な備えの手段として、保険を考慮しましょう。?


<社会保険労務士業務・人事コンサルタント業務対応地域>

新潟市北区 新潟市東区 新潟市西区 新潟市南区 新潟市西蒲区 新潟市中央区 新潟市秋葉区 長岡市 三条市 上越市 新発田市 村上市 阿賀野市 新津市 豊栄市 北蒲原聖籠町 他

| 新潟県、新潟関連サイト集01 | 新潟県、新潟関連サイト集02| 新潟県、新潟関連サイト集03| 新潟県、新潟関連サイト集04 | 新潟県、新潟関連サイト集05 | 新潟県、新潟関連サイト集06 | 新潟市の社会保険労務士「にいじま」のブロdeセミナー | 教えて!退職金制度・適格年金 | 年金事務所・労働基準監督署 | 新潟県社会保険労務士会所属の社労士ブログ | 新潟の社長様を就業規則で守ります!社会保険労務士のブログ | 社会保険、社会保険料、社会保障関連 | 「新潟中央社労士事務所」の活動日報 |